メンズファッションブランドが分からない

東南アジアの会社に派遣された思い出

その昔、二か月ほどだったんですが、東南アジアが本社の会社に派遣されたことがありました。
社長が外国人ということで、ある程度英語ができる人とのリクエストで、私が行くことになったのです。
当時、私は英文事務という職種で登録していたのです。
よかったら参考に⇒派遣会社 求人に詳しく書いてあります。

 

行ってみると、そこには髭を生やした色の浅黒い社長と、日本人の秘書らしき人がいました。
他に正社員はいないようです。
私の他にもう一人、同じ派遣会社から来た人もいました。
彼女も同じ日に派遣されてきたのでした。
参考になるサイト土日 派遣会社を見ました。

 

私達がすることといえば、少量の輸出入関係の書類を作成することくらいでした。
東南アジア出身の社長は、たまにやってきて癖のある英語で指示するだけでした。
ちょっと怖い感じの人でした。

 

ところが数日経つと慣れてきたのか、雑談をしに来るようになったのです。
その時わかったのですが、実はこの方、日本語も相当上手だったのです。
それで仕事の指示は英語でしたが、それ以外は日本語でしゃべっていました。
今評判のこのサイト大学中退 就職を参考にしてね。

 

二か月だけの契約でしたが、楽な仕事だったと思います。
意外なキャラの社長にも出会えて、よい思い出ができました。